klogo1.png

1792年創業。木屋は包丁を中心に様々な生活の道具を提供しています。

ht1.jpght1.jpght2.jpght2.jpght5.jpght5.jpght3.jpght3.jpght4.jpght4.jpght6.jpght6.jpght7.jpght7.jpght8.jpght8.jpg

01.jpg


「日本橋木屋」は古くから、刃物をはじめとして様々な道具を扱ってきました。それらの道具は様々な名人と言われる職人に支えられてきましたが、今後職人の後継者問題などから、数えきれないほどの技術が消えていく可能性があります。それら日本の伝統伝承技術を発信するために、道具を丁寧に見せる場、道具の歴史・背景を伝えていく場として新たなスペースをつくりました。
職人の手による商品が持っている個性を生かすために、できるだけ棚の存在感を小さくするように設計しています。具体的には商品一つ一つに合わせた形状の小さい棚をつくり、その棚を商品の陳列に合わせて壁に差し換える計画としています。
小さな棚板はステンレス/スチール/FRP/木材のハイブリッド構造でつくり、極限まで薄くすることで、壁には商品と文字だけが浮かび上がるような不思議な空間となります。この一つ一つ形の違う棚板自体もまた職人によって手作りで作られています。
どんなものでも置く事の出来るユニバーサルな棚板ではなく、個性を持った一つ一つの商品に合わせて設計している棚板なので、商品が入れ替わる度に棚板も交換し、商品に合わせた「特注の空間」が出現します。
まるで美術品を観賞するかのように商品を周りからぐるりと眺めることのできる、人と物の新しい向き合い方のデザインです。

萬代基介建築設計事務所
代表 萬代基介

izutukiにてJCDデザインアワード2014金賞受賞
2017年EuroShop//JAPAN SHOP Award
〜第3回ショップデザインアワード〜 優秀賞受賞

izutukilogo.png

5101.jpg

5102.jpg

「一本の針一筋の糸」刺し子
布で作られた衣類を大切にするために、何枚もの布を重ね合わせ塗っていくことで丈夫さと保温を目的に手を施したものを「刺し子」といいっます。
昔は女性の身の回りには必ず針がありました。「一本の針一筋の糸」が家庭の衣生活を支えていました。時代の推移と共に「刺し子」も実用品から趣向品に変化をし、忘れられる技法の一つとなっていましたが、各地に残されている古い刺し子から日本古来の伝統デザインを学び、新たな独自のデザインを加え、それを伝承する場として1980年「ふくいモダン刺し子・麻の葉会」を設立しました。以来福井県では豊かに育まれ伝承されています。
作品に使用する記事は藍染の木綿布で、刺し糸は草木染の木綿糸を基本としています。天然素材を使い、人の手で時間をかけて染め上げる方法なので仕上がりは均一ではなく、ひとつひとつ色合いに微妙な違いが生まれます。ひとつとして同じものがない作品それぞれが見せる深みのある色、多彩な表情をお楽しみいただけます。
麻の葉会では「屏風・衝立・暖簾・タペストリー・さっくり」などの大作を主とした作品を独自のデザインで制作し作品展を開催しています。全国でも他に類のないもので、回を重ねるごとに県外からの鑑賞者も多く、好評を得ています。
今後、次世代に「刺し子」を継承する大切な役割を麻の葉会は担っていますが、これからも、その時々の流れに寄り添いながら指導できる柔軟さを持ち、次の世代にしっかりと継承したく思います。女性の手が生み出す一針一針の手仕事「刺し子」の穏やかな温もりは、いつの時代にも変わりはありません。

「ふくいモダン刺し子」 五島万里代と麻の葉会

SASHIKO
「One needle and a single thread」

Sashiko is a traditional art which is piled cloths and stitched. The art of Sashiko was born inn an era where garments were highly prized. Through the process of stitching garments are reinforced and its heat retaining properties are increased.
The history of Sasiko is unknown. I think that if we don’t mention technique, design and purpose, Sashiko may be existed from the time when people wore clothes.
Once upon a time, a woman would never be far from her needle. It is with this one needle and a single thread, a woman would support the clothing need of her family. As time passed, Sashiko evolved from the process of stitching to more a decorative purpose. It was one of the forgotten techniques however I learned ancient Japanese patterns by referring to old Sashiko cloth and added original designs.
In 1980 I established 「Modern Sashiko Asanohakai」to pass down steadily since then in Fukui Prefecture.
The two basic materials used in Sashiko are cotton cloth dyed, the result is an uneven and slightly different nuance of color and the resulting variation of expression is an aspect of Sashiko to be enjoyed.
Asanohakai assume an important role to succeed Sashiko to the next generation. We intend to have flexibility to lead while continuing to follow the trend of the times and firmly succeed to the next generation. Peaceful feeling and warmth of Sashiko produced by woman’s handwork of “One thread and one needle” never change in any age.

Fukui Modern Sashiko
Mariyo Goshima and Asanohakai

51023.jpg

51015.jpg

51014.jpg

51016.jpg

51026.jpg

51012.jpg

51031.jpg

51036.jpg

51043.jpg

510432.jpg

51033.jpg

51038.jpg

51045.jpg

5104222.jpg

51034.jpg

51039.jpg

51046.jpg

51037.jpg

51035.jpg

51042.jpg

510322.jpg

51040.jpg

51019.jpg

51049.jpg

51047.jpg

51048.jpg

51025.jpg

51021.jpg

51024.jpg

51022.jpg

51028.jpg
五島先生と「ふくいモダン刺し子」麻の葉会の皆さん

五島万里代
「ふくいモダン刺し子」麻の葉会主宰



1975年 
資料館の古い「刺し子さっくり」に魅せられ刺し子を始める。
1980年 
「ふくいモダン刺し子・麻の葉会」設立
1980ー1986年 
県内及び名古屋(茜画廊)・金沢(犀川画廊)にて個展
1985年 
福井市おさごえ民家園をホームグランドに麻の葉会会員とともに「モダン刺し子展」を2年ごとに開催。
2017年第16回展終了
1986年 
オーストラリア・ウィーン滞在中に日本大使館主催「日本文化紹介」で「刺し子」を紹介、体験指導を行う
2005年 
国民文化祭ふくい2005(福井県民会館)「北前船の刺し子・さっくり展」で参加
2006年
北前船の刺し子・さっくり展」福井県内四市町巡回展
2007年 
坂井市龍翔館企画主催 「モダン刺し子展」
2010年 
「刺し子・ファッションショー」(福井市・ユアーズホテル)
2017年 
モダン刺し子展・第16回展終了

著書 「刺し子図案集」
   「北前船の刺し子・さっくり集」

shirataka.jpg


昭和10年愛媛県松山市に生まれる。幼少より父の向こう槌を打ち、鍛冶の修行をする。
昭和36年日本橋木屋に入社。昭和46年薬師寺金堂などの再建を手掛け「最後の宮大工」と称された西岡常一棟梁と出会う。昭和47年日本橋木屋を退社後、郷里に帰り鍛冶に専念する。西岡棟梁の依頼で、薬師寺再建の為の白鳳型和釘の鍛造を手掛ける。

kugi8202.png

白鷹氏は耐久性に優れた純度の高い古代釘の入手が不可能な現代、日本鋼管のSLCM材を鍛え、千年の耐久性を持つ白鳳型和釘としてその復元に成功。途中に僅かなくびれや膨らみがあり、時代による建築法の違いを考察し、再現した。薬師寺西塔、中門、回廊、大講堂などの再建に使われ、その他にも寺院や城の修復、復元に膨大な数の和釘を鍛造している。

 

松山市の鍛冶 白鷹幸伯さんが逝去されました。
6月6日 享年83才をもちまして永眠いたしました。
謹んでお知らせもうしあげます。