klogo1.png

1792年創業。木屋は包丁を中心に様々な生活の道具を提供しています。

ht1.jpght1.jpght2.jpght2.jpght5.jpght5.jpght3.jpght3.jpght4.jpght4.jpght6.jpght6.jpght7.jpght7.jpght8.jpght8.jpg

01.jpg


「日本橋木屋」は古くから、刃物をはじめとして様々な道具を扱ってきました。それらの道具は様々な名人と言われる職人に支えられてきましたが、今後職人の後継者問題などから、数えきれないほどの技術が消えていく可能性があります。それら日本の伝統伝承技術を発信するために、道具を丁寧に見せる場、道具の歴史・背景を伝えていく場として新たなスペースをつくりました。
職人の手による商品が持っている個性を生かすために、できるだけ棚の存在感を小さくするように設計しています。具体的には商品一つ一つに合わせた形状の小さい棚をつくり、その棚を商品の陳列に合わせて壁に差し換える計画としています。
小さな棚板はステンレス/スチール/FRP/木材のハイブリッド構造でつくり、極限まで薄くすることで、壁には商品と文字だけが浮かび上がるような不思議な空間となります。この一つ一つ形の違う棚板自体もまた職人によって手作りで作られています。
どんなものでも置く事の出来るユニバーサルな棚板ではなく、個性を持った一つ一つの商品に合わせて設計している棚板なので、商品が入れ替わる度に棚板も交換し、商品に合わせた「特注の空間」が出現します。
まるで美術品を観賞するかのように商品を周りからぐるりと眺めることのできる、人と物の新しい向き合い方のデザインです。

萬代基介建築設計事務所
代表 萬代基介

izutukiにてJCDデザインアワード2014金賞受賞

izutukilogo.png

526a.jpg

526b.jpg

1.jpg

2.jpg

8.jpg

剛柔に重ねられた鋼材を用いることにより、使用感が格段に高まり、表面に映る流れるような線は、吟味された鋼を本鍛えした証です。仕上げまで一貫して、丁寧な手作業で仕上げられたSUWADAの職人魂を映し出す逸品です。

6.jpg

クラシックL、爪やすりを本牛の革でつくられたケースに入れたセットです。緑と紺の2色をご用意しました。

7.jpg

爪切S、小はさみ、毛抜き、ヤスリ全てを一つ一つ丁寧に磨き抜き、ミラー仕上げにしました。特に爪切は通常のクラシックより製造工程が30も多く、職人の高い技術と拘りが伝わる逸品です。

9.jpg

足の巻き爪予防に有効な直刃タイプで、フィットケアに最適です。ハンドルにゴム系樹脂を採用し、持ち手が滑りにくいので手が乾燥して滑りやすい方にお薦めです。シリンダーバネを採用しましたので、握力に弱い方や高齢者、介護用にも最適です。つめ切りを安全に収納できるメタルケース入りです。

10.jpg

ハンドルにゴム系樹脂を採用し、持ち手が滑りにくいので手が乾燥して滑りやすい方にお薦めです。シリンダーバネを採用しましたので、握力に弱い方や高齢者、介護用にも最適です。つめ切りを安全に収納できるメタルケース入りです。

11.jpg

赤ちゃんの肌を傷つけないように刃先を丸く加工しました。切り口が滑らかに仕上がります。

12.jpg

つめ切りLサイズ専用本革ケース。つめ切りSサイズ専用本革ケース。つめ切りソフトタイプ専用の本牛革刃先キャップの3種類ご用意しています。

13.jpg

ロータリーカットKIYA:つまみを握ると中の回転刄が回り、簡単に鼻毛を切ることができます。鋼製のバリカンは錆が出やすいため、ご使用後は必ず内部に刃物手入れ油などを塗布してください。 
ドボ鼻毛バリカン:ステンレス鋼製なので錆びにくく、分解・掃除のメンテナンスも気軽にでき便利です。アメリカ製の本体を ドイツ・ゾリンゲンのドボ社が仕上げ調整しました。

14.jpg

ドイツ・ゾリンゲンの刃物メーカー・ドボ社製の携帯つま楊枝です。ピック部は銀製(純度925)のため、殺菌効果があります。持ち運びにも便利なカバー付きです。

15.jpg

クラシックL、爪やすりを本牛の革でつくられたケースに入れたセットです。緑と紺の2色をご用意しました。

16.jpg

先端が丸く、敏感な部分にも安心して使用できる形状の鼻毛鋏です。大きめの鋏はドイツ・ゾリンゲンの専門メーカーに、小型の鋏はイタリアの専門メーカーに、それぞれ製造依頼し、直輸入した鼻毛鋏です。どちらもステンレス鋼製なので錆びにくくお手入れが簡単。曲がりの刃は肌に当てやすく、根元から切りやすい形状です。

17.jpg

爪に負担を与えることなく切ることができる鋏タイプの爪切りです。爪が柔らかい方や、割れやすい方向きです。硬い爪や足の爪には不向きです。手の爪切としてご使用ください。楽にあ手入れが出来るステンレス製です。

18.jpg

爪に負担を与えることなく切ることができるタイプの爪切りです。薄く、柔らかい赤ちゃんの爪を切るのに適しています。安心してご使用できるように、先端が丸く作られています。眉毛鋏はドイツ・ゾリンゲンの専門メーカーに製造依頼し、直輸入したシリーズ。鋼の鋭い切れ味をお楽しみいただけます。丁寧なニッケルメッキ仕上げです。

19.jpg

髭を切る、剃る、整えるといったお手入れに必要な道具を集めました。すべての道具がコンパクトに収まる革ケース付き。櫛は静電気が起こりにくい牛角製です。

20.jpg

1808年パリに設立されて以来、手作りのブラシを作り続けるプリソン社の髭ブラシです。純粋な野生のパジャー(アナグマ)の毛のみが使われ、シェービングブラシでは世界のトップにランクされています。

21.jpg

ドボのマニキュアセット、かかとヤスリ、ツイーザー(斜)。1906年創業のドボ社は、刃物の町ドイツ・ゾリンゲンおいて、鋏・マニキュア用品などを中心に生産し、伝統と技術を大切に守り育ててきた屈指の刃物メーカーです。

22.jpg

江戸毛抜職人3代目・倉田満峰が製作した、うぶ毛抜とまゆ毛抜です。肉厚のステンレスを鍛え上げ、刃先の精巧さとバネ圧の柔らかさが特徴。うぶ毛でさえ切ることなく抜けるように調整した製品です。

23.jpg

メルクールの両刃ホルダー、小型ホルダー、携帯ホルダーです。メルクール社はドイツ・ゾリンゲンニアる安全カミソリ器の専門メーカーです。安全器ホルダーは使いやすく丈夫に設計されています。金属製の本体は手に適度な重量感が伝わるメルクール社の得意な両刃ホルダーです。

33.jpg

東京の医療機器鋏を製造している職人の手により仕上げられた鼻毛切鋏。ステンレス鍛造品を使用していますので切れ味が良く、スムーズな動きは一丁、一丁丁寧に仕上げた職人の仕事が光ります。GratitudeMoonの革職人月足あすか氏による素敵な革ケースとのセットでご紹介しております。ケース:オーロラ/青空

24.jpg

25.jpg

26.jpg

27.jpg

28.jpg

29.jpg

30.jpg

31.jpg

32.jpg

shirataka.jpg

昭和10年愛媛県松山市に生まれる。幼少より父の向こう槌を打ち、鍛冶の修行をする。
昭和36年日本橋木屋に入社。昭和46年薬師寺金堂などの再建を手掛け「最後の宮大工」と称された西岡常一棟梁と出会う。昭和47年日本橋木屋を退社後、郷里に帰り鍛冶に専念する。西岡棟梁の依頼で、薬師寺再建の為の白鳳型和釘の鍛造を手掛ける。

kugi8202.png

白鷹氏は耐久性に優れた純度の高い古代釘の入手が不可能な現代、日本鋼管のSLCM材を鍛え、千年の耐久性を持つ白鳳型和釘としてその復元に成功。途中に僅かなくびれや膨らみがあり、時代による建築法の違いを考察し、再現した。薬師寺西塔、中門、回廊、大講堂などの再建に使われ、その他にも寺院や城の修復、復元に膨大な数の和釘を鍛造している。