klogo1.png

1792年創業。木屋は包丁を中心に様々な生活の道具を提供しています。

ht1.jpght1.jpght2.jpght2.jpght5.jpght5.jpght3.jpght3.jpght4.jpght4.jpght6.jpght6.jpght7.jpght7.jpght8.jpght8.jpg

01.jpg


「日本橋木屋」は古くから、刃物をはじめとして様々な道具を扱ってきました。それらの道具は様々な名人と言われる職人に支えられてきましたが、今後職人の後継者問題などから、数えきれないほどの技術が消えていく可能性があります。それら日本の伝統伝承技術を発信するために、道具を丁寧に見せる場、道具の歴史・背景を伝えていく場として新たなスペースをつくりました。
職人の手による商品が持っている個性を生かすために、できるだけ棚の存在感を小さくするように設計しています。具体的には商品一つ一つに合わせた形状の小さい棚をつくり、その棚を商品の陳列に合わせて壁に差し換える計画としています。
小さな棚板はステンレス/スチール/FRP/木材のハイブリッド構造でつくり、極限まで薄くすることで、壁には商品と文字だけが浮かび上がるような不思議な空間となります。この一つ一つ形の違う棚板自体もまた職人によって手作りで作られています。
どんなものでも置く事の出来るユニバーサルな棚板ではなく、個性を持った一つ一つの商品に合わせて設計している棚板なので、商品が入れ替わる度に棚板も交換し、商品に合わせた「特注の空間」が出現します。
まるで美術品を観賞するかのように商品を周りからぐるりと眺めることのできる、人と物の新しい向き合い方のデザインです。

萬代基介建築設計事務所
代表 萬代基介

izutukiにてJCDデザインアワード2014金賞受賞

izutukilogo.png

771.jpg

772.jpg

77t1.jpg

ttt2.jpg


東京においてガラスは、古くから装飾、工芸として技術が培われてきました。その後、明治政府が富国強兵の一環として品川に官製ガラス工場をつくり、ガラス食器が徐々に一般家庭の生活に根付き始めました。更に昭和になり、戦後は高い生産・加工技術を誇る日本のガラス食器を欧米諸国に出荷しておりました。かつてのそれら輸出商品の中から、今の生活に使いやすい商品の復刻を試み、東京復刻ガラス「BRUNCH」シリーズとしてスタートしました。

791.jpg


廣田硝子の昭和レトロシリーズ、硝子の金魚鉢です。お祭りの金魚すくいで持ち帰った金魚を入れて楽しんだ記憶がよみがえります。

778.jpg

774.jpg

日本三大うちわの一つである房州うちわ。竹を細く割いた骨と一体となった丸柄が特徴です。小崎直利氏がデザインした金魚柄の手ぬぐいを貼り付けました。

手ぬぐいは木綿の生産が始まった江戸時代、安くて便利な日用品として庶民の間に広まりました。濡れても乾きやすく、簡単に裂くこともできます。小崎直利氏による、涼しげな金魚柄がデザインされたオリジナル手ぬぐいです。

台所に欠かせない白いふきん。古くから蚊帳の生産地として知られる奈良で作られた蚊帳生地をふきんに仕立てご用意しました。蚊帳生地を八枚重ねにし、特有の柔らかさに丈夫さを加えてあります。小崎直利氏デザインの、涼しげな金魚柄のワンポイントが入っています。

775.jpg

江戸初期から盛んに製造され愛用されていた醤油差しの復刻版。たっぷりと厚みを持った醤油差しは中に醤油を入れることによってガラスの厚みが感じられ、さらに美しいフォルムが引き立ちます。懐かしく温かみのあるデザインが時代を超えて現代に蘇りました。

776.jpg

日本において硝子は古くは装飾、工芸として技術が培われましたが、明治時代以降は一般家庭の中の食卓でも使用される機会が増えた醤油差をすり口にした、都鳥にちなんだ醤油差になります。

777.jpg

創業より生産していた醤油差しを従来のねじ式の醤油差しから今の生活に使い易いすり口に改良し、復刻を試み商品化いたしました。

62328.jpg

金属製の台座を冷凍庫で冷やし使用します。氷を入れないのでウイスキーが薄まらず、また独特の形状がアルコールの刺激を和らげ芳香を引き立てます。ウイスキー本来の味と香を十分に堪能できます。

62329.jpg

ウイスキーテイスティングセットのグラス単体です。中央ドームによりアルコールの刺激を和らげ芳香を引き立てます。

62324.jpg

『クレ・デュ・ヴァン』は、フランス語で「ワインの鍵」という意味。これまでワインが持つ熟成の可能性は未知の謎でした。その謎を解く鍵『クレ・デュ・ヴァン』をワインに浸し続けることで数年後のワインを”今”味わえる、ワインのプロが開発したアイテムです。ワイン100ccに浸ければ、1年分の熟成に相当します。

62325.jpg

ロートの狭い口を使用し、少しずつ静かにワインを注ぎます。ひとつの出口から底面積の狭いデキャンタの側面を静かに流れ、少しずつ空気に触れることで眠っていたワインを目覚めさせます。

62326.jpg

ロートの狭い口を使用し、少しずつ静かにワインを注ぎます。幾つもある出口から底面積の広いデキャンタの側面全体に広がるように流れ、多くの空気と触れあい、若い赤ワインの熟成を促します。

795.jpg

福岡のシンボルである梅の花がモチーフ。梅は、春最初に咲き実る、結納でも必ず使用される大変縁起の良い花です。ワインやお酒にかけて頂いたり、贈り物の熨斗代わりに添えていただけると、贈られる方の幸運を願うことに。

797.jpg

福岡のシンボルである梅の花がモチーフ。梅は、春最初に咲き実る、結納でも必ず使用される大変縁起の良い花です。ワインやお酒にかけて頂いたり、贈り物の熨斗代わりに添えていただけると、贈られる方の幸運を願うことに。

798.jpg

福岡のシンボルである梅の花がモチーフ。梅は、春最初に咲き実る、結納でも必ず使用される大変縁起の良い花です。ワインやお酒にかけて頂いたり、贈り物の熨斗代わりに添えていただけると、贈られる方の幸運を願うことに。

799.jpg

800.jpg

803.jpg

テングサなどの海藻を煮て溶かし、箱に流し固めたトコロ天を麺状に突き出す道具。ご家庭でも簡単に涼味あふれたトコロ天をお楽しみいただけます。醤油、酢、からし、キザミのりなどをかけて食べる「トコロ天」の清涼感は夏の味覚の代表とも言えます。

785.jpg

奈良県生駒市は茶筅の産地です。その製造過程で生まれる材を活かした薬味寄せができました。しなやかな穂は薬味卸しや擂鉢の目から綺麗に食材を掻き出します。

773.jpg

デザイナー小崎直利氏による涼しげな金魚柄のそば千代口です。

782.jpg

伊賀産の土と釉薬(石灰釉)で作られた蚊遣。土は、たたら成型(土を板状にしたものを切って成型する)により、上辺には
テーパー、側面にはカーブがかすかにかけられています。線香は、自然素材が用いられた体に優しいりんねしゃの「菊花せんこう」です。

62342.jpg

頑固な汚れを削り落とせるように、棕櫚の繊維の中でも硬い「鬼毛」を選り、ひとつひとつ丁寧に拵えた束子です。打ち出しフライパンや中華鍋など塗装のない鍋や、金属製の網やざるなどの洗浄に向いています。里芋やゴボウなど、皮がしっかりした野菜もごりごり洗います。黄色い組紐が目印です。※鬼毛は繊維が硬いので、洗うものに傷が付きますので、ご使用の際には注意が必要です。

62343.jpg

頑固な汚れを削り落とせるように、棕櫚の繊維の中でも硬い「鬼毛」を選り、ひとつひとつ丁寧に拵えた束子です。打ち出しフライパンや中華鍋など塗装のない鍋や、金属製の網やざるなどの洗浄に向いています。里芋やゴボウなど、皮がしっかりした野菜もごりごり洗います。黄色い組紐が目印です。※鬼毛は繊維が硬いので、洗うものに傷が付きますので、ご使用の際には注意が必要です。

781.jpg

江戸時代より商業の中心であった「日本橋室町」の「粋」を込めたいという思いから作られた室町木綿。慶応三年(1867年)創業の染屋「サラケイ」が展開する「ポンピン堂」の協力のもと、木屋が熟練した職人とともに作り上げた上質な木綿布です。お弁当包みや小物を包む小風呂敷として、また調理の際の三角布や外食時の膝掛けなど、暮らしの様々な場面で活躍する多様布です。

780.jpg

江戸時代より商業の中心であった「日本橋室町」の「粋」を込めたいという思いから作られた室町木綿。慶応三年(1867年)創業の染屋「サラケイ」が展開する「ポンピン堂」の協力のもと、木屋が熟練した職人とともに作り上げた上質な木綿布です。お弁当包みや小物を包む小風呂敷として、また調理の際の三角布や外食時の膝掛けなど、暮らしの様々な場面で活躍する多様布です。

779.jpg

江戸時代より商業の中心であった「日本橋室町」の「粋」を込めたいという思いから作られた室町木綿。慶応三年(1867年)創業の染屋「サラケイ」が展開する「ポンピン堂」の協力のもと、木屋が熟練した職人とともに作り上げた上質な木綿布です。お弁当包みや小物を包む小風呂敷として、また調理の際の三角布や外食時の膝掛けなど、暮らしの様々な場面で活躍する多様布です。

801.jpg

日本におけるTシャツ製造の先駆けとなる久米繊維工業製造のTシャツ。デザインは、新進のイラストレーター小野崎理香さんによる
木屋オリジナル。丈夫で長持ちし、洗濯を重ねるごとに味わいと落ち着きが増しています。

802.jpg

日本におけるTシャツ製造の先駆けとなる久米繊維工業製造のTシャツ。デザインは、新進のイラストレーター小野崎理香さんによる
木屋オリジナル。丈夫で長持ちし、洗濯を重ねるごとに味わいと落ち着きが増しています。

shirataka.jpg

昭和10年愛媛県松山市に生まれる。幼少より父の向こう槌を打ち、鍛冶の修行をする。
昭和36年日本橋木屋に入社。昭和46年薬師寺金堂などの再建を手掛け「最後の宮大工」と称された西岡常一棟梁と出会う。昭和47年日本橋木屋を退社後、郷里に帰り鍛冶に専念する。西岡棟梁の依頼で、薬師寺再建の為の白鳳型和釘の鍛造を手掛ける。

kugi8202.png

白鷹氏は耐久性に優れた純度の高い古代釘の入手が不可能な現代、日本鋼管のSLCM材を鍛え、千年の耐久性を持つ白鳳型和釘としてその復元に成功。途中に僅かなくびれや膨らみがあり、時代による建築法の違いを考察し、再現した。薬師寺西塔、中門、回廊、大講堂などの再建に使われ、その他にも寺院や城の修復、復元に膨大な数の和釘を鍛造している。